プレスリリースパブリシティ | bazaar ソーシャル・アクションを支える新しい市場機能の提案

プレスリリースパブリシティ

2011年 2月 23日  株式会社バザール

AERA English、Blastbeat、バザールでの共同寄付プログラム

高校生の社会活動チャレンジを「音楽」「起業」「社会貢献」というキーワードで支援するNPO法人Blastbeatへの寄付プログラム!


日本初の社会貢献支援型共同購入サイト『バザリング』を運営する株式会社バザールは、「高校生向けの社会教育プログラム」として、高校生が「ロックコンサートの企画・運営」を通じてビジネスとは何かを学び、利益の一部を慈善事業に還元する活動を企画・支援するNPO法人Blastbeatの寄付キャンペーンを本日2月23日(水)午前10時から2月25日(金)午前0時まで実施いたします。本キャンペーンの出品者として、AERA English(株)朝日新聞出版にご協力頂きます。

【AERA English、Blastbeat、バザールでの共同寄付プログラムの概要】

ソーシャルメディアによる伝搬とクーポン共同購入サイトの仕組みを活用し、期間限定で寄付を募ります。

  • ・キャンペーンサイト:  http://www.bazaarjapan.com/bazaaring/
    ・実施期間(制限時間): 2011年2月23日(水)午前10時~2月25日(月)午前0時
    ・支援先: NPO法人Blastbeat
    ・寄付金額: 一口1,000円 (お一人様何口でも可能)
    ・出品物: 英語学習者向け英語情報紙「AERA English」の最新4月号とバックナンバー3冊
    ・成立口数: 10口
    ・寄付上限数: 100口

  • 本キャンペーンの特徴は、ソーシャルメディア(Twitter、Facebookなど)を活用し、支援先団体(Blastbeat)の活動がより多くの人々に認知されるとともに、企業(AERA English 株式会社朝日新聞出版)の社会貢献活動の一環としての出品協力により、寄付に参加するための動機とゲーム性をもたらせられることです。今まで寄付行為に馴染みがなかった人々が社会課題に参加するきっかけを作りだします。 

    【NPO法人Blastbeatについて】

    音楽・マルチメディアを用いた社会起業プログラムの実践を通じて、高校生とブラストビートに関わる全ての人々の、社会に貢献する心・リーダーシップ・自尊心・協調性を育みます。

    プログラムでは高校生などがチームを作って「ミニ音楽会社」を立ち上げ、ライブの企画からすべてをプロデュース。「ビジネスの仕組み」「チームワーク」「リーダーシップ」を学びます。

    さらに、イベントの利益の25%以上を自分たちで選んだNPOやチャリティなどに寄付することで、社会に貢献する喜びを体感することができます。

    現在、日本を含む世界5カ国でプログラムを実施しています。

    ・NPO法人Blastbeatウェブサイト: http://blastbeat.jp/

    【NPO法人Blastbeatからのメッセージ】

    「音楽×起業×社会貢献」で、チャレンジする10代を増やします!

    ひきこもりやニートの増加、「やりたいことが見つからない」若者、就職しても「指示待ち」の姿勢・・・・・・。
    現代に生きる若者が抱えるあらゆる課題の背景には、「生きる力」の欠如、「チャレンジ」するエネルギーの欠如があるのではないでしょうか?

    ブラストビートは、そんな閉塞感のある社会を鮮やかに塗り替えていく、「チャレンジする人材」を輩出します。自立・自律した考え方と思いやりを持ち、多様な価値観と共生し、自ら率先してより良い社会にしていく為の行動を起こせる人材の輩出・・・。それがブラストビートのミッションです。

    ブラストビートのプログラムでは、10人ほどの若者が、社長、経理、企画、広報やウェブサイト制作、営業など、会社に摸したチームを立ち上げて、企業ビジョンの設定、イベントの企画から運営すべてに挑戦します。

    ▼そのきっかけとなり、若者を引きつけるのが「音楽」。
    ▼ライブイベントを企画し、資金計画から広報・集客、運営まで、現実の「起業」に匹敵する体験をし、
    ▼稼いだお金を自分たちで選んだNPOなどに寄付することで「社会貢献」を実感できる仕組みです。

    実際にお金を扱い、収益を上げるのは簡単なことではありませんが、そんな「非日常のチャレンジの場」で、リスクを頭で考えてばかりでチャレンジできないでいる若者に、「たくさんの成功体験と、たくさんの失敗体験」ができる場を提供するのがブラストビートです。

    ブラストビートはプログラムの実践を通じて、10代の若者とブラストビートに関わる全ての人々の、社会に貢献する心・リーダーシップ・自尊心・探究心・協調性を育みます。

    全国各地の活動の様子やメディアでの反応など、ぜひブラストビートのWebでご覧になってください。

    http://blastbeat.jp/

    あなたの応援、参加を待っています!

    【AERA Englishからのメッセージ】

    AERA Englishはあなたの英語学習を応援します!

    グローバリゼーションが進む昨今、ビジネスでもNPOでも英語力はますます必要になってきていますね。AERA Englishはそんなアクティブな皆さんの英語力を高めるお手伝いをしています。

    特集では毎月さまざまな学習法をご紹介。英語を日常的に使うビジネスパーソンやTOEICを飛躍的にアップさせた人たちが登場し、独自ノウハウを詳しく語り、やる気を引き出してくれます。安河内哲也、辛酸なめ子、杉山愛、鈴木おさむなどバラエティーに富んだ豪華連載陣も魅力的。来日インタビュー、パックン対談、話題の最新海外ドラマまで、英語と日本語の両方で楽しく読んで学べます。

    NPOブラストビートの創業者ロバート・スティーブンソン氏へのインタビュー(4月号に掲載)がきっかけで、今回の寄付プログラムへの取り組みが決定しました。AERA Englishを読んで楽しく英語に触れながら、NPOブラストビートを応援する社会貢献に、皆さんぜひご参加ください!

    ★1月号から4月号の計4冊を、寄付者のみなさまに差し上げます。1月号と4月号は海外ドラマ3本×第1話収録のDVD付録つき!

    【お得な買い物×社会貢献=バザリング】  『バザリング』の概要

    『バザリング』(http://www.bazaarjapan.com/bazaaring)は、2010年8月31日にオープンした、日本初の社会貢献支援型共同購入サイトです。

    出品企業による商品の購入希望者が予め定められた数だけ一定時間内に集まると取引が成立して購入できるという、グルーポンに代表されるクーポン共同購入サイトの仕組みをベースに、生じた売上の一部(通常10%)をNGO・NPO団体やスポーツチームといった社会課題に取り組む団体(支援先団体)に分配するという、社会貢献支援の要素を加えています。

    主にソーシャルメディア(Twitter、Facebook、ブログ等)を通じて商品が幅広く宣伝されることで、広く消費者層に対して支援先団体の活動の認知を広げ、寄付などの社会貢献に参加するきっかけを提供します。

    支援先団体にとっては、新たなファンドレイジング(資金調達)の方法である上に、団体について認知を広げる「無料インターネット広告」でもあり、新たな企業との関係づくりのきっかけになるツールとしても期待されています。

    出品企業にとっては、売上・顧客の増加に直結するだけでなく、ソーシャルメディア経由の「口コミ」によって、社会貢献意識の高い消費者層にリーチできる、新たなマーケティングツールとしての効果も期待できます。

    [これまでのバザリング取引例]:Oisix(オイシックス)のおためしセットを52%OFFで50人限定で販売、売上の10%を病児保育に取り組むNPOフローレンスに分配

    『バザリング』は、出品者と、購入者と、支援先団体の3者全てにメリットを提供する新しい社会活動支援のかたちです。

    一覧ページへ戻る