NPO・NGO Blastbeat | bazaar ソーシャル・アクションを支える新しい市場機能の提案

NPO・NGOBlastbeat

基礎情報

団体名 法人の種類 NPO・NGO
団体名 Blastbeat
キャッチコピー 自分達の音楽会社を作って、ライブを開いてみませんか?

リアルなビジネスに挑戦してみたくないですか?

社会に貢献するって…体感できる場があります!
その他理事氏名 役職 代表理事
氏名 松浦 貴昌
略歴・プロフィール
その他関係者

活動概要

活動分野 教育、音楽、社会起業
沿革 2003年、高校生への社会教育プログラムとしてのブラストビートを開始

2006年にアメリカ、2007年に南アフリカ、イギリスに進出

2007年、2008年にはアイルランド・ダブリンにて世界大会を開催


<日本での主な活動>

2009年7月15日:NHK番組「Changemaker」でブラストビートが紹介され、代表の松浦など、関心を持った人たちが動き始める

2009年8月上旬: 創業者ロバート・スティーブンソンがアイルランドより来日

2009年11月:パイロットプログラムを「Musicians Institute Japan」(音楽専門学校、東京・渋谷)で開始

2010年1月22日:松浦代表が、琉球大学で講演

2010年2月19日:「大人の夜の遊び場 “B-Bar”」 第1回

2010年3月19日:ブラストビート初となるライブを、大学生が中心になったチーム「CocoroOdoru」が開催

2010年3月31日:国連UNHCR協会と協力し、「CampBeat」プロジェクトのキックオフ・ミーティング

2010年4月23日:「大人の夜の遊び場」”B-Bar” 第2回を開催

2010年6月:国連UNHCR協会の「CampBeat」プロジェクトをサポートする学生団体「KeyUs Music」が、6月20日の世界難民の日に向け、一連のイベントを企画・開催
活動目的 ブラストビートの目的は、世界中に若きチェンジメーカーの輪を広げ、活力ある世界を創造していくことです。

音楽・マルチメディアを用いた社会起業プログラムの実践を通じて、高校生とブラストビートに関わる全ての人々の、社会に貢献する心・リーダーシップ・自尊心・協調性を育みます。

自立・自律した考え方と思いやりを持ち、多様な価値観と共生し、自ら率先してより良い社会にしていく為の行動を起こせる人材の輩出していきます。

また、ブラストビートのターゲットは10代ですが、”変わる”のは若者だけではありません。

ブラストビートに関わる大人も変わり、世の中を変えていく存在になることを目指しています。
活動ビジョン 音楽・マルチメディアを用いた社会起業プログラムの実施を通じて、高校生とブラストビートに関わる全ての人々の、社会貢献する心・リーダーシップ・自尊心・協調性を育む。それによって社会をよりよい方向に変えていく。
活動実績 2003年、高校生への社会教育プログラムとしてのブラストビートを開始

2006年にアメリカ、2007年に南アフリカ、イギリスに進出

2007年、2008年にはアイルランド・ダブリンにて世界大会を開催

2009年、5カ国目となった日本で活動開始

・企業スポンサー、社会起業投資家、政府等の資金支援を得て、現在まで200校以上の高校、専門学校にてプログラムを運営
会員制度 会員には「運営会員」「サポート会員」の2種類があります。