スポーツ団体 HC日光アイスバックス | bazaar ソーシャル・アクションを支える新しい市場機能の提案
  • ホーム
  • >  スポーツ団体 HC日光アイスバックス

スポーツ団体HC日光アイスバックス

チームロゴ

スポーツ団体HC日光アイスバックス
Nikko loves Ice Bucks!

「日光アイスバックス」の使命は、アイスホッケーシーンに、クラブチームの存在感を示すことです。栃木県全県、そして日本全国のスポーツを愛する人に会員登録を呼びかけています。
ホッケー&スケートの普及・育成を通じて競技の広がりを作る。クラブはその核でありたい。そして、その先にあるのはスポーツ文化自体の種まきです。
あなたの参加をお待ちしています。

チームポスター

チームポスター

団体基本情報

スポーツ団体 HC日光アイスバックス

代表者 小林澄生
所在地 〒321-1411
栃木県日光市栃木県日光市稲荷町2-360-9
TEL 0288-53-1691
FAX 0288-53-1491
HP http://www.icebucks.jp/
活動概要 [ チーム名 ] HC日光アイスバックス
[ ホームタウン ] 日光市
[ ホームスタジアム ] 栃木県立日光霧降アイスアリーナ(収容人数2,000人)
[ チームカラー ] 黒・白・オレンジ

日光アイスバックスの歴史

1925年(大正14) 古河電工アイスホッケー部創部
1999年1月 同部活動停止決定
1999年5月 「古河電工アイスホッケーを愛する会」が日本アイスホッケー連盟へ4万人の署名提出
1999年8月 有限会社「栃木アイスホッケークラブ」発足。市民クラブとして再スタート
2000年11月  資金難から廃部決定
2001年1月 県、日光市、今市市が行政支援を決定。バックスの存続を求める署名は10万人に
2001年5月 有限会社 日光アイスバックスとちぎ設立
2005年1月 株式会社 日本セールス&マーケティング社が経営参加
2006年8月 セルジオ越後がシニアディレクターに就任
2006年8月 株式会社 栃木ユナイテッドが営業権を譲り受ける