認定NPO法人 サイド・バイ・サイド・インターナショナル (SBSI) | bazaar ソーシャル・アクションを支える新しい市場機能の提案
  • ホーム
  • >  認定NPO法人 サイド・バイ・サイド・インターナショナル (SBSI)

認定NPO法人サイド・バイ・サイド・インターナショナル (SBSI)

認定NPO法人サイド・バイ・サイド・インターナショナル (SBSI)
Side by Side International

日本や海外で、貧困や災害その他の困難な状況に直面している人々の生活向上のために、1985年に任意団体として活動を開始。2002年には、特定非営利活動法人(NPO法人)となり、アジアやアフリカへ救急車や医療機器などを送る人道的支援活動を展開しています。 
カンボジアでは、公立の119番救急医療体制強化、救急隊員の養成、診療所支援、医療へき地での診療所や移動検診支援を実施しています。また、辺ぴな地域での移動検診や診療所、学校や孤児院・障害児施設の支援も行っています。
国内においても、障害者やホームレスの方々の支援、災害時の物的及び人的支援等を行っています。

団体基本情報

認定NPO法人 サイド・バイ・サイド・インターナショナル (SBSI)

代表者 佐々木浩二
所在地 〒156-0051
東京都世田谷区宮坂3-35-22-111
TEL 03-5300-3324
FAX 03-5300-3324
HP http://www.side-by-side-intl.org/
E-MAIL mail#side-by-side-intl.org
※メールは#を@に変換してお送りください。
活動概要 【カンボジア支援】
1997年より支援を開始。以降、同国に救急車両、医療機器、学校のためのPC機器などを送る。

現在、ヘン・タイ・クリー保健省長官を総責任者として実施されているカンボジアの救急システム構築事業に携わり、救急車や消防車、医療機器寄贈のほか、公立の119番救急医療体制強化、救急隊員の養成、救急対応病院・診療所支援、医療へき地での移動検診支援を実施している。

2008年には、日本政府外務省草の根リサイクル無償資金援助を受けて、救急車4台と救急関連機材の寄贈を行う。(写真は、プノンペンに到着した救急車)

2009年、カンボジア王国外務省及び保健省と覚書に調印し、カンボジアに活動拠点を持つ国際NGOとして正式に承認された。

2008年からは、辺ぴな地域での妊産婦や母子のための移動検診や診療所支援も行っている。特に、現在建設中のコンポンセイラ郡のグラフィス診療所(運営:Cambodian Development & Empowering Portal )は、マラリアや一般の疾病のほか、救急外傷対応も行う予定。同診療所は、サイド・バイ・サイド・インターナショナル(SBSI)のとりなしにより、日本の学生医療支援NGO ~GRAPHIS~ が最初の建設寄贈者となり着工された。SBSIは、医療機器や自然エネルギー設備などの物的支援や人的支援を行っている。

2007年より、Graphisと連携団体を中心としたカンボジア・スタディーツアーの企画を行う。

ブックプロジェクト。カンボジア人児童のための絵本や教科書の製作及び配布。

【その他の国々への支援】
PC・教材・医療機器・緊急車両等の寄贈と輸送手配。支援国は、タイ、インドネシア、ウガンダ、タンザニア、インド、スリランカ、モンゴル、ロシア等など。


【国内】
カンボジアの状況についての、アドボカシー活動。日本人及びカンボジア人学生のボランティア養成。ホームレスのための自立支援と食料配布支援。障害者支援。

引きこもりの若者などのカウンセリング及びボランティア活動による社会参加支援。