プレスリリースパブリシティ | bazaar ソーシャル・アクションを支える新しい市場機能の提案
  • ホーム
  • >  プレスリリースパブリシティ
  • >  日本初!!! 社会貢献支援型フラッシュマーケティングサイト“おトクだけじゃない。「いいことしたい」”を叶える共同購入サイト『バザリング』オープン

プレスリリースパブリシティ

2010年 8月 31日  株式会社バザール

日本初!!! 社会貢献支援型フラッシュマーケティングサイト

“おトクだけじゃない。「いいことしたい」”を叶える共同購入サイト
『バザリング』 (http://www.bazaarjapan.com/bazaaring/)オープン

PDF版(90KB)

株式会社バザールは、2010年8月31日(火)より日本初の社会貢献支援型フラッシュマーケティングサイト“おトクだけじゃない。「いいことしたい」”を叶える共同購入サイト、『バザリング』をオープン致します。関東近郊よりサービス提供を開始し、順次、全国に展開します。

『バザリング』サイト概要
・URL:http://www.bazaarjapan.com/bazaaring/
・『Twitter』アカウント:@Bazaarinc

■共同購入サイト『バザリング』の概要

『バザリング』は、スポーツチームやNPO団体のスポンサーを中心とする幅広いジャンルの企業の割引クーポン・特別商品を提供。購入希望者が一定時間内に集まると取引が成立し購入できます。1日1品に絞り集中的に販売、ソーシャルメディア等(ツイッター、ブログ)を通じて宣伝し、購入希望者が多く集まることで、割安な料金での販売が実現できます。 この最近日本でも注目を集めている「フラッシュマーケティング」に「コーズマーケティング(社会問題解決型マーケティング)」の要素を加味した新しいサービスを展開、クーポンの売上の一部を特定の社会貢献団体(スポーツチームやNPO団体等)に分配する共同購入サイトです。

【出品者にとって】

無料PRによる新規顧客開拓、短期間での大量集客ができるほか、スポーツチームやNPO団体を支援することによるイメージアップを図ることが可能です。

【購入者にとって】

お得に商品・サービスを入手できるだけでなく、購入することがスポーツチームやNPO団体の支援につながります。予て応援してきたチームや団体のファンドレイジングを気軽にお手伝い出来るようになります。

【スポーツチームやNPO団体にとって】

新たなファンドレイジングの手法の実現となります。また、従来は関心を喚起できなかったサポーターや支援者層の獲得機会となります。
すでに予定されている支援団体として、特定非営利活動法人TABLE FOR TWOやNPOカタリバ、みなかみ町観光局や湘南ベルマーレがあります。

『バザリング』は、出品者と、購入者と、スポーツチームやNPO団体の3者全てにメリットを提供する、新しい社会活動支援のかたちです。
『バザリング』オープンの背景には、多くの人が「好きなチームや団体、地元に対して、自分に出来ることはないか。」という想いを、持っていることが想定されます。
実際に、アジャイルメディアネットワーク株式会社が2009年に行った調査によると、20代~30代の9割超が「社会貢献活動」に関心を持ち、また、今年6月に電通総研より発表された『社会貢献に関する生活者意識調査』によると、売上の一部が寄付される商品を購入したことがある人は4割弱、今後の購入意向は過半数にのぼるなど、「コーズマーケティング」は市場的にも有望で、潜在的な寄付者・支援者の数は多いと言えます。 バザールの企業目的の、もっと気軽に社会活動団体を支援できる市場創造を実現すべく、フラッシュマーケティングとコーズリレーテッドマーケティングを組み合わせたサービス『バザリング』をオープンするに至りました。

出品すると社会貢献。
購入しても社会貢献。
ツイッターでつぶやくだけでも社会貢献。

本サービス開始について、弊社副社長の保田は、「今年4月に、社会貢献活動支援のための市場創造を目的として創業し、その会社に、慈善市を意味する『バザール』という名前をつけました。本サービス『バザリング』は、社会貢献活動団体にとって全く新しい資金調達を実現します。好きなスポーツチームや気になるNPOを支援するために来店いただいたお客様も、選りすぐりのお得な商品をお買い上げいただくために来店いただいたお客様も、ご満足いただけるサービスを目指して参ります。」とコメントしております。

一覧ページへ戻る