一般社団法人 アスリートソサエティ | bazaar ソーシャル・アクションを支える新しい市場機能の提案
  • ホーム
  • >   一般社団法人 アスリートソサエティ

一般社団法人 アスリートソサエティ

基礎情報

団体名 法人の種類
団体名 一般社団法人 アスリートソサエティ
キャッチコピー アスリートを無限のフィールドへ
その他理事氏名 役職 代表
氏名 為末 大
略歴・プロフィール 1978年5月3日 広島県出身
身長:170cm 体重:66kg
アジアパートナーシップファンド(APF)所属

世界大会において、トラック種目で日本人初となる2つのメダルを獲得した陸上選手。
10台のハードルを超えていくこの種目は、ハードル間を少ない歩数で走る選手が有利であり、世界トップクラスの選手の大半が、前半13歩でハードル間を駆け抜ける。当然身長の大きい選手が有利である中、テクニックに加え優れた調整力を持つ為末も13歩で走り、170cmと決して恵まれているとはいえない体躯ながら、世界の強豪と対等の戦いを展開する。

"侍ハードラー"の異名を持つ。

2001年のエドモントン世界選手権において、男子400mハードル日本人初の銅メダルを獲得。短距離・トラック種目では五輪・世界陸上通じて「初のメダリスト」に。

2003年に大阪ガスを退社し、より厳しい環境を求め、「プロ陸上選手」となる。

2004年のアテネオリンピックでは惜しくも準決勝敗退となるものの、その後、世界ランキング上位選手のみ出場可能となるワールドアスレティックファイナルに日本人トラック種目初出場し6位入賞。

2005年ヘルシンキ世界選手権にて、見事銅メダルを獲得。トラック種目で2つのメダル獲得は日本人初。金メダル獲得を目指し、06年シーズンはハードルを封印するという前代未聞の戦略をとり、100m・200mでは自己新記録を更新。

2007年世界陸上大阪大会では走力とハードルの融合が未完成のまま臨んだ結果、予選敗退。また、全国の小学校を訪問し、陸上の普及を目的とした「キッズアスリート・プロジェクト」への参加、東京・丸の内の公道を封鎖し、陸上のPRを図った「東京ストリート陸上」実現など「陸上宣伝部長」としても活躍中。

2008年北京五輪後は、その進退に注目が集まったが、「ボロボロになっても行けるところまで行ってみようと決断した」と、現役続行を発表。

2009年からは拠点を米・サンディエゴに移し、2012年のロンドンオリンピックに向けて再スタートを切った。
その他関係者 参加アスリート(種目)

朝原 宜治 (陸上)
松下 浩二 (卓球)
朝日 健太郎(ビーチバレー)
長塚 智弘 (競輪)
寺本 進  (セパタクロー)
山田 晶寛 (セパタクロー)
岩見 亮  (テニス)
入江 幸人 (陸上)
村井 晋平 (ボート)
玉ノ井康昌 (アメフト)
岩本 亜希子(ボート)
所在地 〒150-0031
東京都渋谷区東京都渋谷区渋谷桜丘町15番14号 フジビル40 7階

活動概要

活動分野 【スポーツ活性、アスリート支援】

アスリートソサエティは、さまざまな分野のアスリートが交流し、意識共有を図る場であるとともに、アスリートが企業や行政機関、教育機関など、広く社会とつながるための機会創出を支援するコミュニティです。

アスリートを核とした多様な人が参加するコミュニティの集合体として、そのネットワークを介した多彩なスポーツムーブメントを展開していきます。
沿革 「欧米のように選手が自立し、社会にも貢献できる基盤をつくりたい」という思いから活動を開始。
活動目的 アスリートソサエティは、アスリートの社会的自立を支援し、課題解決に向けたアスリートの「成長」を目的として活動中。
また、地域社会や教育機関と連携した、政府の「スポーツ立国戦略」推進への貢献や、事業を通じてアスリートの「挑戦」する姿を社会に伝えることで、他のアスリートの意識喚起、ひいては日本全体に希望や活力を与えたい。